ブルンジ?で子供兵支援センター建設プロジェクト


ブルンジという国をご存知でしょうか?

私は知りませんでした。

ブルンジは、アフリカ中部に位置する小さな国です。
1962年の独立以降、部族間の紛争で国土は荒廃し、世界で2番目に貧しい国になりました。
内戦中には多数の子供たちが子供兵にされ、内戦終結後の現在、元子供兵の社会復帰は重要な課題となっています。

 

日本のNGOとして初めて、この課題に取り組むのが、特定非営利活動法 テラ・ルネッサンスです。
元子供兵が代表を務める現地NGO「SEDAC」をパートナー団体として、「元子供兵および紛争被害者自立支援センター」を建設し、そこで元子供兵や紛争被害者の自立・社会復帰を支援するために職業訓練・識字教育などを実施する計画です。

IMG_3960

テラ・ルネッサンス理事 鬼丸昌也さんの講演を聴かせていただき、アフリカの子供兵が日本人には想像もできないような壮絶な体験をしていることが分かりました。
元子供兵の社会復帰のお手伝いをしたい、また知名度が低いため、支援の手が届いていないこの国だからこそ活動しようとする、テラ・ルネッサンスに共感したオンズはこの計画のお手伝いをさせていただくことになりました。

オンズグループは、今後も企業理念に基づいて社会貢献活動に取り組んで参ります。