1人でも多くの人がアライになりますように…(LGBT勉強会)

広報担当の下田です。
今日は、あいにくな空模様ですが暑すぎないのは助かりますね冷や汗 (顔)
もう夏も終わりですね~ダッシュ (走り出すさま)

前回のブログで「LGBT」や「アライ」について
少しご紹介させて頂きましたが、今回と次回の2回にわたり
実際に社内で行われたLGBT勉強会の内容を、みなさんにもお伝えし
1人でも多くの方に理解を深めてもらえたら嬉しいなと思っておりますわーい (嬉しい顔)

キャプチャ

まず今回は、勉強会の講師をしてくれた方のご紹介からひらめき
写真で立って映っている右の方が中山貴将さん。
実はこの方、元オンズの社員だったんですdouble exclamation
現在は「NPO法人 性同一性障害支援機構」の理事長として
当事者のサポート業務や、色々なところで講演会等を実施し活躍されています。

元社員でもある中山さんが頑張っているという話を聞き
是非 「オンズも力になりたい!応援したい!」 という想いから
今回の取組みを始めることになったんです手 (パー)

中山さん自身も、性同一性障害に悩み続けた一人なんです。
出生時の戸籍上は女性でしたが、女性としての身体に嫌悪感をずっと抱き続け

2008年に性別適合手術を受け、同年に戸籍上男性となり
5年前には、長年連れ添った女性と結婚もされ、幸せな生活を送られています目がハート (顔)

オンズにいたときの中山さんは、まだ戸籍上女性でしたが、
見た目は男性と全く変わらず、社員も皆、男性として接していました。
社員旅行にも一緒に行ったりし、普通に他の社員と変わらず勤務してもらっていました。

当時の社員旅行時の写真ですカメラ みんな若く懐かしい写真です(笑)
社員旅行 066

当時はまだ「性同一性障害」や「LGBT」という言葉は今以上に認知されておらず
ネットの情報も情報不足の上に、誤った情報ばかりが飛び交い
正しい情報を取得するのが、非常に困難だったそうですたらーっ (汗)
そのような自身の大変だった経験から、正しい情報をしっかり発信してあげたいと想い
NPO法人を立ち上げ、本格的に活動を始められたそうです。

中山さんは当事者の支援も、もちろんされていますが
それだけではなく、一般企業など当事者を囲む周りの人たちの
LGBTへの理解を深め認知度を上げれば、間接的ではあるかもしれないが
サポート支援になるのではないかという考えを持っておられます。

確かに、様々な人が抱えている問題に対し、当事者だけでなく
周りのみんなが声を上げていくこと(=アライ)により、
今以上にみんなが生きやすい社会になるのかもしれませんよねほっとした顔

オンズも、まずはLGBTを社員みんなで知ること、理解することから始めましたexclamation

1人でも多くの方が【アライ宣言】してくださることを願っておりますぴかぴか (新しい)

次回のブログにて、具体的な「LGBT」や「性同一性障害」について
勉強会で学んだことをご紹介したいと思います指でOK