アライになるための第一歩!

広報担当の下田ですわーい (嬉しい顔)
昨日のブログに引き続き、本日のブログでは
LGBT勉強会の時に学んだことの一部を、みなさんにも知ってもらい
アライになるための第一歩を・・・ハートたち (複数ハート)

まず、LGBTの言葉のおさらいから・・・
「LGBT」とは、
レズビアン(Lesbian 女性同性愛者)
ゲイ(Gay 男性同性愛者)
バイセクシュアル(Bisexual 両性愛者)
トランスジェンダー(Transgender 身体的性別と性自認が一致しない人)
の頭文字を取った言葉です。
2020年の東京オリンピック開催に伴い、LGBTへの関心は非常に高まってきています。
もしかしたら、2015年の流行語大賞に選ばれる可能性もexclamation and question

そんな大注目のLGBTですが
実際に日本で何名くらい存在するのか 御存知ですか???

電通が4月に発表した調査では、日本でLGBTに相当する人は
人口の7.6%(約1000万人)なんだそうです 鉛筆
これは、約13人に1人という計算になるんですってdouble exclamation\(◎o◎)/
身近な人がそうである可能性は非常に高いということです。

そして、性同一性障害(GID)に悩んでいる方は、「LGBT」のTの部分
トランスジェンダー(Transgender 身体的性別と性自認が一致しない人)に属し

GID
その中でも講師の中山さんのような、出生時の【からだの性】が女性で、
【こころの性】が男性の人のことを『FTM』と言い、その逆を『MTF』と言いますクラブ

このMTF』とFTMの方々は全国で推定約4万6千人いるんだそうです 鉛筆

どちらかというと「はるな愛さん」や「佐藤かよさん」など
芸能界でも活躍されている人が多い『MTF』の方々のほうが
該当者が多い印象を持たれやすいのですが、
実際は『FTM』の方々のほうが圧倒的に多いんだそうです目

LGBTの方々はたくさんの悩みや不安を抱えながら生活しています。
そして、誰もが簡単にLGBTであることをカミングアウトできるわけではありません。
とても勇気がいることですし、周りの人々の理解が必須ですひらめき

世界では同性婚を合法としている国は、欧州を中心に約20カ国あったりと
海外は非常に進んでいますが、日本でも渋谷区の同姓カップルへの
「パートナーシップ証明書」発行など、その他にも様々な動きがあり
保険や年金の適用などまだ課題は多いですが、追い風が吹き始めています揺れるハート

1人でも多くの人がアライになりますように・・・
arai

これからもオンズは、出来ることから積極的に取り組んでいきたいと思いますうれしい顔