「新宿区介護サービス協議会 第1回研修会」 に参加して思うこと

オンズグループでは、
「リハトレ専科 西戸山公園」https://rihatoresenka.com/
という通所介護(デイサービス)の施設を運営しております。

その関係で、一昨日「新宿区介護サービス協議会 第1回研修会」
に出席してまいりました。

日時:平成28年7月19日(火)18:45-20:45
場所:牛込箪笥区民ホール

kaigo01 kaigo03

内容:

・法律の改正点(昨年と今年)
・人口問題(人口の減少と少子高齢化)
・介護サービス提供者数の問題

高齢者人口の増加と若者人口の減少に伴い、今後はプロの介護事業者だけでは介護者不足になる。

不足を補うためには、アマチュアの協力も必要になってくる。そのためには、プロ・アマ含め、地域ぐるみで高齢者を介護することが必要不可欠になる。

kaigo04 kaigo06

感想:

区の開催する介護サービス事業者の研修会ということもあり、開催者も来場者も非常に真面目で仕事熱心な印象を受けました。

パネルディスカッション後は、参加者からも積極的に質問があり、活況を呈していました。一番の関心事はお金の問題でした。

必要最低限の報酬が保証されなければ、介護関連事業者は事業が成り立たず、事業の撤退を余儀なくされます。介護事業者の減少は、今後の高齢者の増加と相反するものであり、早急に何とかしなければならない問題です。

介護単価が他区平均22000円に比べ、新宿区は19000円と低いので改善が必要ではないかと参加者からの指摘があり、大変勉強になりました。

需給バランス的には、今後増えていく需要に対し、効率良く供給できる事業者が生き残るのではないかと思います。