作成者別アーカイブ: オンズホールディングス

スポーツひのまるキッズ 第7回四国柔道大会!

2011年からオンズグループが支援している、『スポーツひのまるキッズの柔道大会』が
2016年7月31日に愛媛県松山市の愛媛県武道館において「第7回 四国小学生柔道大会」が行われました。

応援

スポーツひのまるキッズの柔道大会は2009年から関東を始め、東北、九州など全8ヵ所で開催されている
「子供たちの元気が、日本を救う」をキャッチフレーズとし、
柔道の本質と親子の絆をコンセプトにしている柔道大会です。
親子選手宣誓

毎回様々な企画がある面白い柔道大会で今年の四国柔道大会では新しい企画が行われました!

その名は『道場わっしょい!』という何とも楽しそうな企画です。

企画内容は道場対抗の7人団体戦を行うのですが、皆さんがテレビで見るような試合は副将戦のみで、
その他は、受け身コンテスト・打ち込みコンテストをはじめ、パワー系、バランス系のゲームや、
親子による競争など、日ごろ道場で行っている基本練習を試合にした企画です。
01 02 03
004

それぞれ礼節を守りつつ、各道場が一丸となって競い合った楽しい企画となっていました。

その他にも現役バリバリの選手を迎えての練習会やサイン会、写真撮影会など
子供たちの夢をつなぐ内容が盛りだくさんの柔道大会でした。

試合後に下記のようなメッセージが大会に参加した方から寄せられました。
※メッセージは一部抜粋しております。
——————————————————————————————————————————————
普段は勝てなくて自信のなかった子供が、
今大会のお陰でヤル気や自信が表情にも現れはじめ、本当に出場して良かったと思いました。

大会にでるまでは、「どうせウチの子が出ても・・・』っと弱気な気持ちでしたが、
大会に出てみたら予想外の3戦全勝!
帰る時は家族みんなが嬉しそうに、急遽予約した寿司屋さんに寄って帰りました。

今大会を開催してくださったスタッフの皆さん、ありがとうございました。
これからもひのまるキッズの大会を楽しみにしています。
——————————————————————————————————————————————
上記のようなメッセージが運営スタッフへ数多く送られてきたそうです。

今回の四国大会も
それぞれの選手が活躍し主役となり、親子の絆
深められた大会になったと深く感じました。

女子社会人ラグビー大会で優勝!!

弊社がスポンサーをしている、女子社会人ラグビーチーム「東京フェニックス」
その姉妹チームである「千葉ペガサス」
7月17日(日)と18日(月)に開催された太陽生命ウィメンズセブンシリーズ
Japan Women’s Sevensの大会に出場しました。
「東京フェニックス」はJapan Women’s Sevensに参加し3位という結果を残し、
「千葉ペガサス」は太陽生命ウィメンズセブンシリーズの大会に参加し優勝を勝ち取りました!

image2

そのチームに井澤さくらさんと日向寺亜依さん二名が所属しており、
二人はオンズグループの社員として介護予防を目的とした
「リハトレ専科」で働きつつ日々ラグビーの練習に励んでいます。

それぞれ別々の大会に出場し、
井澤さんは17日と18日に掛けて行われた太陽生命ウィメンズセブンシリーズ入替戦に参加し、
日向寺さんは18日に行われたJapan Women’s Sevensに参加しました。

01

太陽生命ウィメンズセブンシリーズとはリオデジャネイロオリンピックから7人制ラグビーが
オリンピック競技に加わったことで、そのオリンピック後にある東京オリンピックへ向け7人
制ラグビーを強化するための国内初の大会です。

Japan Women’s Sevensとは女子ラグビーの健全な普及・発展及びプレーヤーの交流を図り、
オリンピックやワールドカップを目指すプレーヤーの全国レベルでの交流・育成の場として
女子ラグビーの競技力向上を目指す大会です。

 

太陽生命ウィメンズセブンシリーズとJapan Women’s Sevensの詳細結果は以下の通りです。

1469506138069
太陽生命ウィメンズセブンシリーズ
■リーグ戦(17日)
・1試合目:千葉ペガサス ○45-0× Hanazono Hollyhocks
・2試合目:千葉ペガサス ○29-0× 名古屋レディースR.F.C
■決勝トーナメント(18日)
・1試合目:千葉ペガサス ○31-12× 名古屋レディースR.F.C
・2試合目(決勝戦):千葉ペガサス ○26-17× 石見智翠館高等学校

Japan Women’s Sevens
・1試合目:東京フェニックス ○25-0× 名古屋レディースR.F.C
・2試合目:東京フェニックス ○15-23× Rugirl-7

 

太陽生命ウィメンズセブンシリーズでは優勝おめでとうございます!!
Japan Women’s Sevensでは僅差でRugirl-7に負け悔しさが残りますが、
オンズグループとしてさらなる飛躍を心から応援しています。

02

 

最後に井澤さんと日向寺さんに試合を振り返ってもらい、感想を聞いてきました。

井澤さくら
002
大事な所でペナルティを取ってしまうなど反省点はあるものの、チーム一丸となって
今まで練習してきた成果を試合で思いっきり発揮する事ができ、楽しい試合ができました。

なにより東京フェニックスの姉妹チームである千葉ペガサスで優勝できた事が本当に嬉しく、
来年に繋がる結果を残せて良かったと話していました。

日向寺亜依
003
コミュニケーションを取りつつディフェンスができ、チームとして、より一体感が
生まれていた試合内容でしたが、今シーズンは僅差で負ける試合が多く勝負強さの
面での課題が残る結果でした。
来シーズンは勝負強いチームに上げていきたいし、
個人のレベルアップとしてスピードの緩急などの精度をより上げたいと話していました。

これから行われる試合や大会での二人の活躍を今後も期待したいですね。
お二人ともお疲れ様でした。

1469506146173

5月12日付「週刊住宅新聞」掲載、当社運営保育園についての記事に関する詫びと訂正

5月12日付の週刊住宅新聞5面に掲載されている当社運営の保育園について間違いがございましたので、ここに訂正させていただきます。

5月12日付週刊住宅新聞掲載、当社運営保育園についての記事に関する詫びと訂正

『県内の認可保育園では~』とありますが、正しくは『県内の認可外保育園では珍しい園内調理の給食を用意している点の評価が高い』の間違いでした。
ここに深くお詫び申し上げます。

株式会社オンズホールディングス
広報課