カテゴリー別アーカイブ: 社会貢献

オンズ自立支援センターの進捗状況

こんにちは!広報の下田ですさくらんぼ

昨日に引き続き今日は、実際にオンズが「テラ・ルネッサンス」の団体を通じて
取り組んだプロジェクトについて、
現在の進捗状況を皆様にお知らせ致します手 (チョキ)

2013年8月頃から取り組んでいるプロジェクトでして
世界で2番目に貧しい国、アフリカ中部に位置するブルンジ共和国
元子ども兵の社会復帰を支援するための施設
「オンズ自立支援センター」を設立するというものです。
オンズは、その支援センター建設に伴う支援をさせて頂きましたdouble exclamation

2014年8月に、無事施設は完成し、開所式も行いました目がハート (顔)

10617778_691107970976277_1082856516_n  IMG_0442IMG_0444 IMG_0436

そして現在、この施設の進捗状況はと言いますと・・・
この「オンズ自立支援センター」が位置する地域では、良質な蜂蜜が
採集されることが知られており、
昔からハチミツは医薬品として重宝されていました。
しかし、十分な養蜂技術や生産・出荷に必要な

道具や施設が不足しており、販路の確保も出来ていない状況だったため
まず、この施設では「養蜂の訓練」からスタートすることになりましたひらめき

IMG_0177 IMG_0176
養蜂訓練を実施する為、支援対象者に配布する養蜂箱です。
養蜂箱は、ブルンジの木工大工の技術者たちの協力を得て製作したそうです。
外国製の養蜂箱を購入することも可能でしたが、出来る限り、地元の人々の技術で
生産しようということで、一つ一つ、手作業で65個の養蜂箱が完成しましたぴかぴか (新しい)

IMG_0173 1
現地スタッフの方々が準備を進めてくれていますほっとした顔

IMG_0245
養蜂の生産技術について、支援対象者の方々が一生懸命学んでいる様子カメラ

Exif_JPEG_420 Exif_JPEG_420
左 : 勉強を終えた支援対象者の方々が、巣箱の設置に向かう写真
右 : 巣箱を設置するための土台を自分たちで製作し、実際に完成した土台の写真

Exif_JPEG_420 Exif_JPEG_420
完成した土台に巣箱を設置した様子の写真カメラ

キャプチャ
設置した巣箱にミツバチが群がっている様子の写真カメラ

まだ実地訓練が始まったばかりということなので、これからといったかたちですが
最終的には生産したハチミツを商品化し、支援対象者の方々の生計向上に繋げたいとのことですうれしい顔
現在も、現地のスタッフと支援対象者の方々が、皆で協力し合い
頑張ってくれているそうなので、今後がとても楽しみですハートたち (複数ハート)

現地の方々が、笑顔あふれる毎日を送れるようになってもらいたいと心から願いますぴかぴか (新しい)

テラ・ルネッサンス「チャリティ・パーティ」

いやーみなさん、ホント暑いですよねあせあせ (飛び散る汗)
梅雨明けもし、本格的な夏が始まりましたね晴れ

今回は広報担当下田より、先週の水曜日に行われた
認定NPO法人テラ・ルネッサンスの「チャリティ・パーティ」に
参加したときの様子をブログでご紹介させて頂こうと思いますわーい (嬉しい顔)

まずは「認定NPO法人テラ・ルネッサンス」のことを紹介しないと初めて読んだ方はわかりませんよねたらーっ (汗)
弊社が社会貢献活動の一環として支援させて頂いている団体なのですが
国内外で色々な活動をしており、主に平和教育・地雷・小型武器・子ども兵の問題に取り組んでいて
「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目的とし活動している団体です。

では早速、パーティのときの様子を写真と共に・・・
IMG_1321IMG_1269

創設者・理事の「鬼丸昌也さん」の昔の貴重な写真も見ることが出来ましたぴかぴか (新しい)

23

IMG_1285 IMG_1286

鬼丸さんが手に持っている本の著者「安田未知子さん」もパーティに出席されていましたほっとした顔
この女性は、とても有名な方で 『沖縄のマザーテレサ』とも言われているそうですひらめき
戦後、沖縄で初の女性英語教官になられ、自分の子供を育てながら
恵まれない生徒達を家に住まわせたり、学校に通わせたりして、生活や勉強の場を与えていたそうです。

他にも普段お目にかかれないような有名な方々が多数いらっしゃったパーティでした指でOK

そして、実際に活動で取り扱っている商品を手に取り、購入可能なブースもありましたdouble exclamation
IMG_1295IMG_1296

鬼丸さんの話の中で印象に残った言葉を少しご紹介したいと思います手 (パー)
「1人ひとりは微力かもしれませんが、決して無力ではない」
「皆がその微力を発揮すれば、確実に世界や社会を変えていくことができる」
「すべての人が能力を発揮できる世界にしたい」
未来の子どもたちが、自分の夢や希望に向かって活き活きとできる社会にしてあげたい」

とても共感できることがたくさんあり、わたし自身も自分の子どもも含め
未来ある子供たちに向け、今の自分は何が出来るだろうかと考えさせられました猫2

みなさんも、ほんの少しでもいいので、自分の微力を発揮してみませんか?

最後に代表の新井と鬼丸さんのツーショットですウィンク
IMG_1322

明日は「テラ・ルネッサンス」の団体を通じて、
オンズが支援したプロジェクトについての進捗状況をお知らせしたいと思いますわーい (嬉しい顔)

今年度も引き続き、新聞ラック寄贈を継続

みなさん、こんにちは! 広報の下田ですわーい (嬉しい顔)

今日は11日ですねーチューリップ
11日ということは、つまり・・・・・・・・・
「オンズの日」です手 (チョキ)

フランス語で11のことを「オンズ」と言いますほっとした顔
当社の名前が「オンズ」になったのも、11名でスタートしたからなんですよぴかぴか (新しい)
なので 『11』という数字を聞くと、ついつい「11」=「オンズ」と連想してしまいます(笑)

そんな当社が今年度も社会貢献活動の一環として
麹町中学校に新聞ラックを寄贈させてもらいました目がハート (顔)
寄贈内容としては、「朝日中高生新聞」1年分と専用スタンドラック一式です。

朝日中高生新聞ラック

ところでみなさん、「朝日中高生新聞」って御存知でしたか?

この新聞は以前まで「朝日中学生ウィークリー」という名前だったのですが
昨年の10月にリニューアルし、中学生だけではなく高校生も対象とした
『朝日中高生新聞』と名前を変え、内容も以前より充実したものになったそうです鉛筆

しかもこの新聞、この春ついに創刊40周年を迎えたんですってdouble exclamation
スゴイですよねうれしい顔うれしい顔うれしい顔

実際の新聞を私も拝見したのですが、とてもわかりやすく
大人でも読み応えがあり、刺激になるものでした猫2
私も学生のときに、こういうものに沢山触れていたら違った人生が…(笑)

このラックは中学校の図書室に置かれており
学生が自由に閲覧できるようになっているとのことなので
より多くの学生に読んでもらい、たくさんの刺激を受けて
少しでも未来が明るいものになってもらえたらなと思います富士山

こういった活動を通じ、未来ある学生たちの将来のためになるようなお手伝いを
今後もオンズグループは続けていき、社会貢献に繋がればと思っておりますハートたち (複数ハート)

東北復興支援プロジェクト

こんにちは、広報の下田です。

今日で東日本大震災から4年が経ちました。
時の経過とともに、日常を取り戻すことができている方々も多い反面
まだまだ困難な状況の中、復興への長い道のりを覚悟しながらも
必死にがんばっている方々がたくさんいるとのことです。

そんな方々の力に当社が少しでも貢献できればという願いから
当社では『東北復興支援プロジェクト』として様々な支援活動をさせて頂いております。
今までのブログでもご紹介をさせていただきましたものをまとめてみました。

スポーツひのまるキッズ東北小学生柔道大会」の支援
試合4

石巻のこどもたちの遠足』の支援
BIGUP遠足1

お中元やお歳暮 『復興石巻たらこ
石巻たらこそのキレイ目-01

社員の胸には 『東北復興ピンバッチ
g_nip

被災された皆様、およびそのご家族やご関係者の皆様には
心よりお見舞いを申し上げるとともに、
これからも社会貢献活動に積極的に取り組み
笑顔を提供し続けられるよう歩んで参りたいと思います。

麹町小学校に新聞ラックを寄贈しました!

こんにちは!広報の山森です。

このほど千代田区立麹町小学校に朝日小学生新聞の新聞ラックを1台寄贈しました。
2014G3-39 (2)
これは、当社が力を入れている社会貢献活動の一環として行ったもので、麹町中学校に新聞ラックを寄贈して以来2つめとなります。

既にお伝えしておりますが、当社はこのほかにもCSRの一環として社会貢献活動に力を入れており、
アフリカの世界最貧国のひとつであるブルンジでの学校建設、カンボジアでの青年ビジネスコンテスト、東北支援のための「スポーツひのまるキッズ東北小学生柔道大会」支援を行い、J1「柏レイソル」スポンサーでもあります。
根底にあるのは、オンズグループのビジョンである、幸せ=笑顔を実現したいという思いからです。

子どもたちが、真面目ながらも楽しく新聞を読み、知識をどんどんつけて欲しいですね!

珍しい!木の紙でできた会員証

こんにちは!広報の山森です。

オンズグループは多くの社会活動させていただいていますが、本日、公益財団法人オイスカの方がお見えになりました。
オイスカは「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して1961年に設立されました。本部を日本に置き、現在30の国と地域に組織を持つ国際NGOです。

当社は「主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開している」ところに賛同し支援させていただいております。今日は会員証を頂きました!
20140421164547_00001

なんとこの紙は国産のスギ・ヒノキの間伐材を使用しているそうです。鼻を近づけると、ヒノキ風呂のようないい香りがします。

間伐とは・・・混みあった森林から曲がったり弱ったりしているスギやヒノキなどの針葉樹を抜きぎり、 森林の中を明るく保ち、 真っ直ぐ育てる為に必要な作業です。間伐を行わない森林では樹木の生長がにぶく、根を張ることも難しくなります。森林の中は暗いため下生えも生えないので、水源涵養力、土壌保全能力の低い森林になります。

今まで、誤解されることもあった間伐ですが、決して無駄なことではなく、木がスクスク育つためにはいいことなんです。国産の割りばしには、間伐材を使い、無駄が出ないようにしています。皆さん、日本の森のために国産の割りばしを使ってみてはいかがでしょうか?

そのほか、オイスカでは農山村部で、その地域の「ふるさとづくり」に取り組む青年の育成のため、拠点となる研修センターを国内外に設置して研修を実施しているのです。
人材育成

普及啓発

また、「森の積み木ひろば」という、間伐材を使って作った3種類のつみ木なんと1万個を広げ、インストラクターの指導の下、様々な形のオブジェを作るワークショップも行っているのです。

こどもたちの健やかな成長をねがって、オイスカのスタッフさんを見送った山森でした。

今後とも当社は、このような活動支援を通して、社会に貢献していきたいと考えております。

ブルンジ 元子ども兵および紛争被害者自立支援センター建設 進捗状況

こんにちは。広報担当の山森です。

以前お伝えした、アフリカ中部にあるブルンジ共和国において「元子ども兵および紛争被害者自立支援センター建設プロジェクト」に当社は支援をさせていただいています。現状のご報告です。

ダウンロード

施設建設中の2月9日にブルンジで大規模な洪水被害が発生し、51名が亡くなり、2万人以上が被災し3800戸の家屋が倒壊している状況にあります。幸い、今回の洪水は施設建設にはダメージを与えていませんが、洪水により農作物の生産に悪影響を与えています。

施設の建設状況です。

ブルンジ建設状況26.4.4

エミルさん26.4.4

建設作業に従事していらっしゃるンタカルティマナ・エミルさん 23歳は、
「物心がついたころから紛争がずっと続いていました。今は農業をしています。この仕事のおかげで報酬を得ることができるだけでなく、センターの建設はカネグワ村の住民全ての人々に役立つでしょう。だから、私はたとえ報酬がなくてもこの事業の継続の為に努力したいと思っています。」と語ってくれました。

施設は8月に完成予定です。

オンズグループは、今後も企業ビジョン「住まいから広がる笑顔を」に基づいて社会貢献活動に取り組んで参ります。

 

 

 

 

今年も開催します!第4回カンボジアビジネスモデルコンテスト

みなさんこんにちは。

雪が降ったりと、とても寒い日が続いておりますが
元気に過ごしていらっしゃいますか?

今週末2月15日(土)に、カンボジアにおいて
「第4回ビジネスモデルコンテスト」が行われます。

1位の表彰②

公益財団法人CIESFとカンボジアのプッティサストラ大学とが
共同で開催したコンテストで、カンボジアやミャンマーをはじめとした
途上国の若者達から起業家を育成し、将来の雇用を創出する為のコンテストで、
オンズもゴールドスポンサーとして支援させていただいています。

昨年の優勝チームは、「カンボジアのズッキーニを使用した商品」のチームです。
乾燥させたズッキーニとやわらかいスポンジを縫い合わせて作った、
お風呂で体を洗う際に使用するスポンジです。

準優勝は「オーガニックパームビネガー」のチーム。
(カンボジアでよく見られるヤシから取れるお酢のことです。)

みなさんそれぞれ国の特産品を使ったり、
良い特徴を生かした発想で、とてもすてきなアイデアだと思います♪

今年はどのチームがどのようなアイデアを出してくるのか、
とても楽しみですねLaughing

カンボジアに限らず、他の発展途上国でも
こうして今の若者たちが将来の経済発展の礎を創っていくことを期待し、
オンズコンフィアンスでは、今後も継続して
こういった支援を通し様々な社会貢献をしていきたいと思っています。

それでは、体に気を付けて良い週末を過ごしてくださいねWink

オンズグループと東北被災地復興支援!

こんにちは。内定者の佐藤です。

オンズグループが社会貢献として取り組んでいる東北被災地支援活動について、ご紹介します。

東日本大震災から、早3年が過ぎようとしています。想像を越える大きな地震と津波に被災し、尊い多くの命を失いました。オンズグループ社員の胸には、このような東北復興ピンバッジがつけられています。

g_nip

写真 1

このピンバッジの売上金のすべては、被災地への義捐金として送られています。一人一人の応援が、頑張っている被災地の方へ大きな勇気になってほしいという想いであります。

復興への想いが薄れることのないように、そしてオンズグループと出会った皆様にも東北のことを忘れないように・・との想いがあります。

先日、アフリカのブルンジにおける、子供兵支援センターについてご紹介しましたが、テラ・ルネッサンスは、海外だけでなく、国内でも東日本大震災復興支援として、「大槌復興刺し子プロジェクト」を実施しています。

(以下写真 テラ・ルネッサンスHPより拝借)

kifu

震災により、女性たちには家事をするための場所がなくなり、生活は一変してしまいました。

そこで、刺し子制作という手仕事を提供し、限られたスペースと道具を用いて、刺し子さんが相互交流し、「刺し子」の制作をしています。

slideshow_img0 (1)

「刺し子」とは、綿布を重ね合わせた一面に一針一針模様を刺す、日本中で広く親しまれている昔ながらの手芸です。

prj_07

作品はこちらですぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

34966346_th

避難所で何もできずにいたおばあちゃんから働き盛りの若い女性の方まで、刺し子制作を通じて「心のケアにつながる安心できる場」ができています。東北地方に根ざした伝統技術「刺し子」を活用した事業を継続的に展開し、大槌町を含めた岩手・三陸地方での雇用機会を創出し、地域社会の復興・伝統技術の継承や復興に貢献しています。

オンズグループは、今後も日本国内はもちろん、当社とかかわるすべての人に幸せ=笑顔を提供していきますdouble exclamation

 

ブルンジ?で子供兵支援センター建設プロジェクト


ブルンジという国をご存知でしょうか?

私は知りませんでした。

ブルンジは、アフリカ中部に位置する小さな国です。
1962年の独立以降、部族間の紛争で国土は荒廃し、世界で2番目に貧しい国になりました。
内戦中には多数の子供たちが子供兵にされ、内戦終結後の現在、元子供兵の社会復帰は重要な課題となっています。

 

日本のNGOとして初めて、この課題に取り組むのが、特定非営利活動法 テラ・ルネッサンスです。
元子供兵が代表を務める現地NGO「SEDAC」をパートナー団体として、「元子供兵および紛争被害者自立支援センター」を建設し、そこで元子供兵や紛争被害者の自立・社会復帰を支援するために職業訓練・識字教育などを実施する計画です。

IMG_3960

テラ・ルネッサンス理事 鬼丸昌也さんの講演を聴かせていただき、アフリカの子供兵が日本人には想像もできないような壮絶な体験をしていることが分かりました。
元子供兵の社会復帰のお手伝いをしたい、また知名度が低いため、支援の手が届いていないこの国だからこそ活動しようとする、テラ・ルネッサンスに共感したオンズはこの計画のお手伝いをさせていただくことになりました。

オンズグループは、今後も企業理念に基づいて社会貢献活動に取り組んで参ります。