カテゴリー別アーカイブ: 社内勉強会

オンズグループ13期目突入!!

皆さん、ご無沙汰しております。 広報担当の下田です。

オンズグループが昨日より、13期目を迎えることができましたぴかぴか (新しい)
人間の成長で例えると、小学校を卒業し、中学生になったという感じですねわーい (嬉しい顔)
みなさんの支えがあったからこそですので、心より感謝申し上げますハートたち (複数ハート)

これからも、新たな再スタートという気持ちで身を引き締め
社員一同、精一杯がんばっていきますので

今後とも引き続き、宜しくお願い申し上げますdouble exclamation

そして今回のブログでは先日、本社大会議室にて行われた
「リーダーシップについて」のセミナー内容を、
みなさんにも少しご紹介したいと思いますひらめき

講師は「認定NPO法人テラ・ルネッサンス」の創設者・理事である「鬼丸昌也」さんでした。

変化の激しい現在の状況において、一人一人がリーダーシップを高め、発揮すれば
企業などの場合、チーム全体が強くなり、より良い方向に進むであろうということで
「リーダーシップとは何なのか」についてを、今回は勉強させて頂きました鉛筆

IMG_0078

様々な変化に対応するためにも、1人1人がリーダーシップを強くしていかなければいけません。
そして、実際にどういう人が今後、生き残っていけるのかを教えて頂きました本

まず1つ目は、自ら進んで行動できる人 「自発的な人材」
もう一つは、自らやる気やモチベーションを高めようと努力する人 「自然性の人材」 なんだそうですほっとした顔

また、リーダーシップの定義は
不確実(定)の中、自分と周囲を、ある一定の方向に導くこと(力)

リーダーとなる人は、まず自分を信じることができないといけません。
自分を信じられない人は、周囲を一定の方向に導くことはできません。
今のありのままの自分を受け入れ、自分の理想や目標を信じ、自分を導き
自分は必ず、そうできると信じることが出来なければ、
それに付いて行こうとする周囲は不安を持ってしまいます。

自分をある一定の方向に、しっかり導くために
3つのポイントを最後に教えてもらったので
みなさんも是非、実際に取り組んでみてください手 (パー)
新たな自分を発見できたり、自分の自信にも繋がるかもしれませんうれしい顔

1、自分に問いかける習慣をつくる
2、自分の中に「答え」があると信じること
3、自分を信じる 勇気をうみだす

なかなか自分と真剣に向き合うことってしないものですよね。。。
まずは自分としっかり向き合うことが大切です黒ハート

私も自分を信じ、自分に問いかける習慣を作り、
自分の答えを見つけていきたいと思います指でOK

 

アライになるための第一歩!

広報担当の下田ですわーい (嬉しい顔)
昨日のブログに引き続き、本日のブログでは
LGBT勉強会の時に学んだことの一部を、みなさんにも知ってもらい
アライになるための第一歩を・・・ハートたち (複数ハート)

まず、LGBTの言葉のおさらいから・・・
「LGBT」とは、
レズビアン(Lesbian 女性同性愛者)
ゲイ(Gay 男性同性愛者)
バイセクシュアル(Bisexual 両性愛者)
トランスジェンダー(Transgender 身体的性別と性自認が一致しない人)
の頭文字を取った言葉です。
2020年の東京オリンピック開催に伴い、LGBTへの関心は非常に高まってきています。
もしかしたら、2015年の流行語大賞に選ばれる可能性もexclamation and question

そんな大注目のLGBTですが
実際に日本で何名くらい存在するのか 御存知ですか???

電通が4月に発表した調査では、日本でLGBTに相当する人は
人口の7.6%(約1000万人)なんだそうです 鉛筆
これは、約13人に1人という計算になるんですってdouble exclamation\(◎o◎)/
身近な人がそうである可能性は非常に高いということです。

そして、性同一性障害(GID)に悩んでいる方は、「LGBT」のTの部分
トランスジェンダー(Transgender 身体的性別と性自認が一致しない人)に属し

GID
その中でも講師の中山さんのような、出生時の【からだの性】が女性で、
【こころの性】が男性の人のことを『FTM』と言い、その逆を『MTF』と言いますクラブ

このMTF』とFTMの方々は全国で推定約4万6千人いるんだそうです 鉛筆

どちらかというと「はるな愛さん」や「佐藤かよさん」など
芸能界でも活躍されている人が多い『MTF』の方々のほうが
該当者が多い印象を持たれやすいのですが、
実際は『FTM』の方々のほうが圧倒的に多いんだそうです目

LGBTの方々はたくさんの悩みや不安を抱えながら生活しています。
そして、誰もが簡単にLGBTであることをカミングアウトできるわけではありません。
とても勇気がいることですし、周りの人々の理解が必須ですひらめき

世界では同性婚を合法としている国は、欧州を中心に約20カ国あったりと
海外は非常に進んでいますが、日本でも渋谷区の同姓カップルへの
「パートナーシップ証明書」発行など、その他にも様々な動きがあり
保険や年金の適用などまだ課題は多いですが、追い風が吹き始めています揺れるハート

1人でも多くの人がアライになりますように・・・
arai

これからもオンズは、出来ることから積極的に取り組んでいきたいと思いますうれしい顔

 

オンズ社員一同「アライ」になります宣言?!

こんにちは!広報担当の下田です!

本日は、オンズグループが始めた取り組みについてのご紹介ですほっとした顔

何を始めたのかと申しますと・・・・・・・

じ、じ、実は・・・・・・・・

オンズグループ社員一同が「アライ」になりたいと思っております指でOK

「えっ?!」

と思われた方、おそらく違いますよ(笑)

オンズグループ代表の「新井 健太郎」の「アライ」になろうというわけではありません冷や汗 (顔)

ピンと来た方は少ないと思います(^_^;)
ヒントはこちらですdouble exclamation

キャプチャ

まだまだ認知度が低い言葉
「LGBT」 そして 「アライ」 
についてご説明します鉛筆

まず「LGBT」とは、
レズビアン(Lesbian 女性同性愛者)
ゲイ(Gay 男性同性愛者)
バイセクシュアル(Bisexual 両性愛者)
トランスジェンダー(Transgender 身体的性別と性自認が一致しない人)
の頭文字を取った言葉です。

そして今回のテーマとなる「アライ」とは
英語のALLYからきていて、支援者という意味で
このLGBTの方々を、当事者ではないけれども

『 支援したい 』という気持ちを、持っている人のことを言うそうなんですひらめき

つまり、オンズグループ社員一同は、
「LGBT」の方々を理解し、応援したいと思っているんですハートたち (複数ハート)

その取組みの一つとして、先日
社員向けに「LGBTについての勉強会」を実施しましたわーい (嬉しい顔)

その内容については、次回のブログで詳しく紹介したいと思いますぴかぴか (新しい)

まずは、代表の名字でもある運命の言葉?!「アライ」になる宣言でした手 (パー)

arai

次回のブログにて、みなさんにもっと知ってもらいたいことを
たくさん書きたいと思いますほっとした顔 お楽しみに~目がハート (顔)

オンズ勉強会“個人情報取り扱い”編。

こんにちは。Web戦略課の佐久間です。

ブログを書くのは初めてですが、これから社内の様子や活動について、
少しでも皆様に私たちの事を知っていただける様、
日々の出来事をお伝えしていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、早速ではございますが、
本日は個人情報漏えいリスクとその対応についてのセミナーがありました。

P1020873

株式会社エス・ピー・ネットワーク総合研究室より
佐藤栄俊様を講師としてをお招きし、
個人情報とは何かというところから、その価値や漏えい時の被害、対策まで
詳しく説明していただきました。

業務上、常日頃よりお客様の情報を取り扱っておりますが、
本日のお話を聞いて個人情報取り扱いについての知識、
心構えを再確認することができました。

セミナーの風景です。

P1020871
一同真剣です。

本日参加したのは各部署の管理職でしたが、このセミナーの内容を社員全員で共有し、
今後も業務に生かしていきます。

最後になりますが、寒い日が続いていますね。
空気も乾燥していますので、
皆様お体に気を付けて過ごしてくださいね。